パニック障害エスカレーター式トレーニング法

そもそもパニック障害ってどんな病?

 

パニック障害の特徴


一般的なパニック障害は、突然生じる「パニック発作」によって始まる。続いてその発作が再発するのではないかと恐れる「予期不安」と、それに伴う症状の慢性化が生じる。いろいろな体の症状を出しますから、この病気が診断されるまでに多くの医師を訪問する患者さんが時々みられます

主な症状


パニック発作
日常生活にストレスを溜め込みやすい環境で暮らしていることが多く、発作は、満員電車などの人が混雑している閉鎖的な狭い空間、車道や広場などを歩行中に突然、強いストレスを覚え、動悸、息切れ、めまいなどの自律神経症状と空間認知(空間等の情報を収集する力)による強烈な不安感に襲われる

1,動悸 ・ 心悸亢進 ・ または心拍数の増加
2,発汗
3,身震い ・ またはふるえ
4,息切れ感 ・ または息苦しさ
5,窒息感
6,胸痛 ・ または胸部不快感
7,嘔気 ・ または腹部の不快感
8,めまい感 ・ ふらつく感じ ・ 頭が軽くなる感じまたは気が遠くなる感じ
9,現実感消失(現実でない感じ)又は離人症状(自分自身から離れている)
10,コントロールを失うことに対する、または気が狂うことに対する恐怖
11,死ぬことに対する恐怖
12,異常感覚(感覚麻痺またはうずき感)
13,冷感または熱感
これら自体が生命身体に危険を及ぼすものではない。

予期不安
パニック発作に強烈な恐怖を感じる。このため、発作が発生した場面を恐れ、また発作が起きるのではないかと、不安を募らせていく。これを「予期不安」という。そして、患者は神経質となりパニック発作が繰り返し生じるようになっていく。

広場恐怖
パニック発作の反復とともに、患者は発作が起きた場合にその場から逃れられないと妄想するようになる。さらに不安が強まると、患者は家にこもりがちになったり、一人で外出できなくなることもある。このような症状を「広場恐怖(アゴラフォビア)」という。広場恐怖の進展とともに、患者の生活の障害は強まり、社会的役割を果たせなくなっていく。

二次的うつ
予期不安や広場恐怖により社会的に隔絶された状態が続くと、そのストレスや自信喪失などによってうつ状態となることもある。元来うつの症状が見られなかった患者でも、繰り返し起こるパニック発作によって不安が慢性化していくことでうつ状態を併発し、実際にうつ病と診断されるケースも多く報告されている。
パニック障害
パニック障害改善にはエスカレーター式トレーニング


パニック障害の概略が判った処で

患者さんと接するためのポイント!


@ できれば診察に同行してあげて下さい

少しでも早く正確な情報を医師に伝えるためにも、家族の方が診察に同行することをお勧めします。

また、家族の方も一緒に医師の説明を受けることによって、パニック障害への理解が深まり、治療の進行がスムーズになります。

A 発作のときの不安や心細さ・副作用に対する不安など、患者さんが抱えている問題を知って下さい

「また、あの発作が起きたら…」というパニック障害の患者さんが抱えている不安は、パンック発作を経験した人でなければ理解しにくいかもしれません。

しかし、パニック障害は治療を受ければ必ず治る病気だという事を理解して、温かく見守ってあげて下さい。

周囲の人の温かな思いやりが、患者さんにとっては何よりの安心になるのです。

B 発作が起こったときは、そばにいて安心感を与えてあげて下さい

パニック発作では、「このまま死んでしまうかもしれない」というような強い不安に襲われます。

パニック発作で死ぬことはないので、発作の時は患者さんの側にいて、できるだけこのような不安を取り払ってあげるようにして下さい。


C 広場恐怖のある患者さんは、買い物や外の用事に行くのが辛いことがあるので、その場合はできるだけ手伝ってあげて下さい

広場恐怖による、家から出れない状態は、うつ病などの二次的な症状を発症させる可能性があります。

誰かが付き添うことで、患者さんが外出できるのなら、なるべく手伝ってあげて下さい。


D 身近な人の声を聞くだけでも安心するので、1〜2分でもいいので話し相手になってあげて下さい

パニック発作に伴う強い不安が患者さんを悩ませています。

家族や友人などの、身近な人と話すことは患者さんにとって大きな安心になります。
少しの時間、患者さんと話をするといった小さな事でもいいので、患者さんが安心感が得られるように協力してあげて下さい。


《生活での注意点!(ケア) 》



● 規則正しい生活☆(早寝・早起き)

● ストレスを溜めすぎないようにしましょう☆

● 風邪を引くとパンック発作が起きやすくなると言われていますので、
 風邪を引かないように注意しましょう☆

● カフェイン飲料(例:コーヒー)などの刺激物は、不安発作を起きやすく
 しますので、飲みすぎは控えましょう☆

家族・周囲の対応


家族や周囲の人はどう接すればいいのか???
【病気を理解する】
周囲の人も病気について理解してあげることが必要です。
まず、身体に異常がなくとも激しい症状が起きる病気があるということを認識しましょう。
また仮病や気の持ちようで治るものではなく、治るまで時間がかかることもあることを理解しましょう。

【発作が起きてもあわてず騒がず】
周囲が騒ぐと本人の不安が増します。楽な体勢にさせてやさしく声をかけたり身体を摩ったりして落ち着かせ、「すぐに治まる」と安心させます。

【外出や通院の同行や食生活のサポート】
広場恐怖があると一人で電車に乗ったり街中を歩くことが困難な場合があります。

通院や暴露療法などの治療で必要な際には同行してあげましょう。また、正しい食生活など日常的なサポートも。

【うつ病の併発もあると知っておく】
パニック障害はうつ病を併発することがあり、またパニック障害が治ってきた頃に発症することもあります。
適切な対応ができるよう早く気づいてあげることです。
パニック障害
パニック障害 治療

治療的には、"薬物療法"と"精神療法"があり、
様々な治療が有効性を認められている。
パニック障害

パニック障害改善にはエスカレーター式トレーニング



 

 

ビッグバナー728×90

 

やさしい腰痛解消エクササイズ 『エゴスキュー・メソッド』  骨盤歪み改善で健康・骨盤美人

 

豆腐屋さんに危機が襲われている!大豆価格の高騰に加え、スーパーから値下げを求められるなどして経営が悪化し、豆腐業者はこの10年間に全国で約5000軒が廃業。ある豆腐屋さんは、豆腐の安売りが激しくなっており、どこも経営が苦しい。適正な価格でスーパーに卸すなど販売価格を見直さないと、豆腐屋はいずれなくなってしまうと嘆いている。